blog index

何でもダイアリー

日記風の雑記帳みたいなもんで、いろんなカテゴリに渡って、記事を書いていきます。「何でも研究所」に替えようかなぁ。
<< のび太でも売れます。 | main | 伝わっているか? >>


最速で身につく世界史
 

最速で身につく世界史 [ 角田陽一郎 ]
価格:1188円(税込、送料無料)




著者:角田 陽一郎

「24のキーワード」でまるわかり!

全編にわたり、重要箇所は太字ゴシックで書かれています。
それはそれで、たいへんわかりやすくなっていると思います。

「はじめに…」で自分のことを書かれているところがありました。
その中で「東京大学文学部に進学し、西洋史学科…」という箇所にも
太字のゴシック体を使っていました。

なんか、いや〜な感じを受けました。
「自慢?」って思ったのは、私のひがみでしょうか。

たいへん読みやすく、興味深い内容でした。
学生時代に読んでおくと、歴史の勉強がしやすかったことでしょう。

「国の種類を見ていくと王国と共和国だけとなる」
王国と共和国の違い、国の代表者をどう選んでいるかの違い。
王国の代表者は「王」、選んだのは神。
共和国の代表者は「大統領」、選んだのは人。

最速で身につく世界史 [ 角田陽一郎 ]
 
JUGEMテーマ:読書





| 135deg | 本の話 | 09:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする











私も使ってます。
って、このブログ「ロリポップ」でした。



クリックするだけで
あなたのかわりに提携企業が
募金します。



↑お気に入りに追加ボタン↑

Add to Google
↑パーソナライズドホーム↑
に追加ボタン



bolg index このページの先頭へ