blog index

何でもダイアリー

日記風の雑記帳みたいなもんで、いろんなカテゴリに渡って、記事を書いていきます。「何でも研究所」に替えようかなぁ。
<< 年間1万人の外国人客が泊まる宿 サクラホステル浅草 体当りおもてなし術 | main | ビジネスメール文章術 >>


たった1日で即戦力になるExcelの教科書
たった1日で即戦力になるExcelの教科書 [ 吉田拳 ]

たった1日で即戦力になるExcelの教科書
吉田 拳
技術評論社

Excelのスキルを上げるのに必要なのは「関数」と「機能」と「アイデア」
一般的な業務のために知っておきたい関数は67個
01 SUM
02 SUMIF
03 SUMIFS
04 PRODUCT(連続掛け算)
05 MOD
06 ABS
07 ROUND
08 ROUNDUP
09 ROUNDDOWN
10 CEILING
11 FLOOR
12 COUNT(数値が入力されているセルの数)
13 COUNTA(空白以外のセルの数)
14 COUNTIF
15 COUNTIFS
16 MAX
17 MIN
18 LARGE
19 SMALL
20 RANK
21 TODAY
22 YEAR
23 MONTH
24 DAY
25 HOUR
26 MINUTE
27 SECOND
28 WEEKNUM
29 DATE
30 TIME
31 WORKDAY
32 DATEDIF
33 IF
34 IFERROR
35 AND
36 OR
37 VLOOKUP
38 HLOOKUP
39 MATCH
40 INDEX
41 ADDRESS
42 INDIRECT
43 OFFSET
44 ROW
45 COLUMN
46 LEN
47 FIND
48 LEFT
49 MOD
50 RIGHT
51 SUBSTITUTE
52 ASC
53 JIS
54 UPPER
55 LOWER
56 PROPER
57 TEXT
58 CODE
59 CHAR
60 CLEAN
61 PHONETIC
62 CONCATENATE(&記号で文字列をつなぐのと同様)
63 ISERROR
64 REPLACE
65 TRIM
66 VALUE
67 NETWORKDAYS
知っておきたい9つの機能
01 条件付き書式
02 データの入力規則
03 並べ替え
04 オートフィルタ
05 ピボットテーブル
06 オートフィル
07 シートの保護
08 検索と置換(Ctrl+H)
09 ジャンプ(Ctrl+G)
関数と機能を組み合わせる「工夫」と「アイデア」が一番重要
ショートカットを駆使してマウスに手を伸ばす頻度を下げる
01 Ctrl+1
02 Ctrl+S
03 Ctrl+Z
04 Ctrl+F(検索機能)
05 Ctrl+H(置換機能)
06 Ctrl+Enter(複数セルへ一括入力)
07 Ctrl+D(1つ上のセルを複写する)
08 Ctrl+R(1つ左のセルを複写する)
09 F4(数式の絶対参照)
10 Ctrl+F2・P(印刷プレビューの表示)
11 Ctrl+F11(シートの追加)
12 Alt+Shift+=(オートSUM)
13 Ctrl+C
14 Ctrl+V
15 Ctrl+X
16 Alt+Enter(セル内で改行)
17 Ctrl+-(セル、行、列を削除)
18 Shift+Ctrl++(セル、行、列を挿入)
自動保存設定(オプション→保存→ブックの保存 1分に設定)
こまめな上書き保存(Ctrl+S)
オートコレクト(おせっかい機能)
オプション→文章校正→オートコレクションのオプション
不可解な動作が起こる原因TOP3
01 スクロールロック(Scr Lk)
02 ナンバーロック(Num LK)
03 インサートモード(Insert)
6つの超重要基礎関数
01 IF関数
02 SUM関数
03 COUNTA関数
04 SUMIF関数
05 COUNTIF関数
06 VLOOKUP関数
SUMIF関数、COUNTIF関数、VLOOKUP関数の範囲は原則として列ごとに指定する(メンテナンスを楽に)
Excel2007以降の「重複の削除」機能はバグが発生するので使用しない
住所録などのリストを作成する際は、「都道府県・住所1・住所2・建物名」などと、できるだけ細かく分けておく(つなぐのは後でいくらでもできる)
データの入力規則→日本語入力→無効(半角英数以外での入力は絶対不可)
複数ウィンドウでExcelを開いて作業を効率化
1. 何か1つファイルを開いている状態で、デスクトップのExcelのアイコンをダブルクリックして、新規起動する。
2. 元々開いていたファイルのウィンドウとは別のウィンドウでExcelが立ち上がる。
3. そのウィンドウ内にもう1つ開きたいファイルのアイコンをドロップすると、別々のウインドウで2つのファイルを開いた状態になる。
ウィンドウ枠の固定する際は、「A1」セルがウィンドウ上で見えている状態で行う
Excelは画面で見えている状態と印刷した状態が異なることがある。一番多いのが、セルに入力した文字が切れてしまう状態。ファイル形式をPDFに変えてから印刷すると先のようなことはなくなる。
形式を選択して貼り付け「値貼り付け(式を抜く)」
1. シート全体を選択してコピー
2. A1セルにカーソルを合わせて右クリック→形式を選択して貼り付け
3. 「値」を選択してOK


 


 



| 135deg | 本の話 | 18:18 | comments(0) | - |
コメント
コメントする











私も使ってます。
って、このブログ「ロリポップ」でした。



クリックするだけで
あなたのかわりに提携企業が
募金します。



↑お気に入りに追加ボタン↑

Add to Google
↑パーソナライズドホーム↑
に追加ボタン



bolg index このページの先頭へ