blog index

何でもダイアリー

日記風の雑記帳みたいなもんで、いろんなカテゴリに渡って、記事を書いていきます。「何でも研究所」に替えようかなぁ。
<< ビジネスメール文章術 | main | 北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅 >>


一瞬で心をつかむ文章術
一瞬で心をつかむ文章術 [ 石田章洋 ]

一瞬で心をつかむ文章術
著者:石田 章洋

『世界ふしぎ発見!』(TBS)を手がける放送作家が教えます!
3倍速く書ける、最後まで読ませる…メール・ブログ・提案書・DM

みんながよく知っている「起承転結」は忘れたほうがいい!
たった3つの要素だけ覚えれば、短い文章も長い文章も速く書ける。

文章を素早く書くための、たった1つのコツ。
それは「しっかり考えてから書き始める」ことです。

「文章とは書くものではない。読んでもらうものである」
人に読んでもらい、言いたいことを理解してもらう。すべての文章は、そのために書かれています。

心をつかむ文章のテーマは、「疑問形」にできるものです。
最初に問いを決めなければ、心をつかむ文章は一行たりとも書けません。
・「問い」は、ピンポイントでなければならない
・「問い」は「面白い」ものでなければならない

心をつかむ12の定番テーマ(ジョン・ケープルズ「Tested Advertising Methods」)
01 収入を増やす
02 お金を節約する
03 もっと健康に
04 医療対策
05 老後の安心
06 喜び
07 家事をもっと楽に
08 快適さ
09 脂肪をもっと減らす
10 心配から解放される
11 仕事やビジネスで成功する
12 名声
この12項目はどんな時代にも適用する、人の基本的な興味・関心なのです。

「誰が読むか」を考える…ターゲット層が決まれば、言葉も決まる
特定の個人を想定して書く…細かく想定すればするほど、文章は書きやすくなる
想定読者と対話しながら書き進める

書く「目的」を考える…その文章は「何のために」書くのか?
「何を」「誰に」とあわせて、「何のために」書くかを考えることで文章は決まる
●「テーマ」・「ターゲット」・「目的」

応用がきく黄金パターンは三部構成
1.「序論」で問いかける
2.「本論」問いの対する答え(文章全体の7〜8割)
3.「結論」スッキリさせる(迷ったら、話を始めたところまで戻って終わる)

「本論」の黄金パターン
「時系列」で並べる
「現在・過去・未来」で並べる
「大状況・中状況・小状況」で並べる
「PREP法」で並べる(要点・理由・具体例または根拠・要点)
「ホールパート法」で並べる(全体像を伝えてから各パートを説明)

書き出しとは「つかみ」である
3行以内に興味を持ってもらえなければ、それ以上読み進めてもらえない
・クイズ問題を出してみる(さおだけ屋はなぜ潰れないのか)
・逆説で惹きつける(千円札は拾うな)
・いきなり「感情」を訴える(メロスは激怒した
・読者の頭に「情報の空白」を作る(山道を登りながら、こう考えた)
・あなたの「読者に呼びかけて」始める(あなたは今、こんなことに悩んでいないでしょうか?)
・書き出しで「共感」を得る(男の人は、本当に女を見る目がないと思う)
・そこはかとない「不安」を感じさせる(最近抜け毛が増えたと感じているあなた)
・「流行っている」と思わせる(みんなが注目しているものを自分だけ知らないのはマズイ)
・「旬」の話題から書き出す
・「衝撃的な内容」で書き出す(父が逮捕された)

NG!読まれない書き出し
最初の一文をだらだらと長く書くこと
名文は短い一文で始まる

目指すのは「美味しい」文章
・「のど越し」がいい(ひっかからない。わかりやすい言葉で)
・「リズム」がいい(聴覚的にリズミカル。実際に声に出して読んでみる)
・「飽きさせない」(引用・比喩・数字を使う)
・「描写」でイメージできる(擬音も効果的)
・「言葉を強調している」(対句法、伝えたいことの前に逆の意味のフレーズを持ってくる)
・「?→!」の繰り返し(「実は…」を意識的に使う)

最終チェック(推敲)
必ずプリントアウトする
3パターンな読者をイメージして推敲する
1人目「粗探し大好き、意地悪タイプ」
・誤字脱字はないか
・「という」を多用していないか
・だらだら長い文は短くする
2人目「流れや内容を重視するタイプ」
・全体を通してテーマ(問い)に答えられているか
・自分が読者だったら興味を持てるテーマか
・「何を言いたいのか」わかりにくいところはないか
・各ブロックがスムーズに流れているか
・書き出しが魅力的でつい読みたくなるものか
・書き出しから長い文章になっていないか
・文章にリズムはあるか
・どんどん読み進めたくなるようなフックはあるか
・「たくさん」「大きな」など曖昧言葉を使っていないか
・カタカナ・専門用語を説明もないまま使っていないか
3人目「国語の先生タイプ」
・主語と述語が離れていないか
・主語と述語が「ねじれて」いないか
・伝わりにくい読点の位置になっていないか
・否定語や「二重否定」はないか
・「の」が続いていないか



 



 

JUGEMテーマ:読書






| 135deg | 本の話 | 19:12 | comments(0) | - |
コメント
コメントする











私も使ってます。
って、このブログ「ロリポップ」でした。



クリックするだけで
あなたのかわりに提携企業が
募金します。



↑お気に入りに追加ボタン↑

Add to Google
↑パーソナライズドホーム↑
に追加ボタン



bolg index このページの先頭へ